pitti blog

最近は音楽だいすきクラブという別ブログで音楽について書いているので、こっちは備忘録と化しています。

Four Tetのアルバムをもうずいぶん長いこと聴いてる。2010年のアルバム『There Is Love in You』で知って、そのあとリリースされたライブ盤はジャケットが不気味だったとかそんな理由で聴いてないけど、今回は何気なく聴いたらとてもよかった。最初は「これがダブステップ? ...

twitterでこのアルバムを聴いている人を見かけて、自分も何気なく聴いた。もしかしたらアルバムを通して聴くのははじめてかもしれない。あっても2、3回だと思う。僕は宇多田ヒカルのファンだけど、このアルバムはほとんど聴かなかった。 このアルバムがリリースされたのは ...

2010年にリリースされた曲。小栗旬が監督を務めた映画「シュアリー・サムデイ」の劇中歌。 自分は「マクロスF」の音楽を聴いて菅野よう子の音楽にはじめてふれた。"ライオン"や"トライアングラー"のようなテーマ曲として印象に残る曲もあれば、"アイモ"のような歌の起源に迫 ...

1. ZAZEN BOYS "サイボーグのオバケ" 2. サカナクション "夜の踊り子" 3. The Vaccines "Teenage Icon" 4. ESNO "Visionary" 5. 菅野よう子 × 手嶌葵 "Because" 6. 持田香織 "State of mind" 7. The Cigavettes "We Rolled Again" 8. Four Tet "Locked" 9. 坂本美雨 "雨とや ...

あくまで自分の好みの話だけど、The Shanghai Restoration Projectの音が苦手。坂本美雨の声は最高だけど、もっと歌らしい歌を聴きたい。歌手ではなくアーティストというのが今の坂本美雨のスタンスだから、抑制されたエレクトロニカが今の落としどころなのかもしれないけど ...

俺、持田香織が好きなわりに全然詳しくないんだけど、ソロ3作を聴いて、彼女は音楽が好きなのかについて少し疑ってる。 あ、たとえそうだとしても、それを責めるたいわけではないのね。ただ単にこの人、あんまり音楽を聴かない人だろうなーって思っただけ。でもそれは悪いこ ...

とてもおもしろかった。時に笑えて、時にしんみりする「踊る大捜査線」らしい作品だったと思う。前作「3」は「踊る」の変化が大きく描かれた作品だったけど、今回は過去の「踊る」を踏襲した作りをしていた。もちろん、いかりや長介はいないし、青島は昇進したし、署長&副署 ...

最初に思ったことは今の本家ブログに書いたので、ここでは敢えて違うことを。 実は"ポテトサラダ"が公開された時点で、ZAZEN BOYSというか向井秀徳の変化を感じた。変わったというか、歳をとったというか。ZAZEN BOYSのライブで問答無用に盛り上がる曲は"Kimochi"や"Crazy ...

 元々『シンプルdeサークル』というブログをやっているpittiという人間です。今回、別ブログを作ってみました。音楽を中心にいろいろ手広く試運転中です。よろしくお願いします。 pitti  20代後半、音楽系ブロガー。雑食。昔、自己紹介でサンバの音楽が趣味と言ってすべ ...

このページのトップヘ