news_large_bonnouji3-cover
煩悩寺 3 (フラッパーコミックス)

 秋★枝が「コミックフラッパー」で連載していた恋愛マンガ「煩悩寺」の完結巻です。2人が結婚を意識しだすところからこの巻ははじまります。

 いつのまにか「恋愛マスター(!?)」の称号を手にした作者、秋★枝さんですがこのマンガに関してはただの願望だと思いながら読みました。作者個人の願望なのか、オタクの願望なのかは釈然としませんが。小山田くんはやたら包容力があるし、主人公の2人とも大人だから精神的に安定していて、その下での細かい出来事の描き方が居心地よく、気楽に読めます。もちろん恋愛マンガならではの観ているこっちが緊張する場面や、恥ずかしくて穴に入りたくなるような場面がないわけではないけど、それよりも笑えたり、見守りたくなるような場面が多くて前巻までと同様楽しく読めました。

 そもそもバカップル全開のマンガにも関わらず、「こんなの読まされても」と思わないところがすごいです。バカップルだけど押し付けがましさがないところが受け入れられているのだと思います。エゴを押し付け合うような恋愛をテーマにした作品を否定するわけではないけど、酸いも甘いも知った上で現状のゆるさに安住することはそれほど悪いことじゃないと思いました。連載が終了することは残念だったけど、とてもいい結末でした。(★7)